fv

代理店事業者向け

運用型LPOを実施して 広告成果を最大化する

代理店限定

オフィシャルパートナー制度

サポート内容を確認する

運用型LPOとは

issue
  • 運用型LPOとはサイト改善ツールdejamが啓蒙する、広告代理店の広告運用の業務フローに沿った新たなLPOの手法です。1回で複数のデザインパターンを作成し、成果を確認しながらLPOを運用することが特徴です。

運用型LPOのメリット

issue
  • 運用型LPOでは1回で複数のデザインパターンを作成し、成果を確認しながらLPOを運用することにより、早期の改善パターンの発見に繋がるメリットがあります。 従来のLPOだと仮に4パターンのABテストを4回にわけて検証すると、最も改善するパターンが4回目だった場合に、その事実を発見するのに多くの時間が必要です。 しかし運用型LPOだと4パターンを同時に検証するため、最も改善するパターンを早期に発見できる可能性があります。 なので広告主へも「どのLPのパターンがどのような傾向なため改善する傾向があります」という報告を定期的にできるようになるため、新たな報告手段を獲得できます。 また、複数のパターンを同時に検証するということは、制作する時間をまとめることができます。これによりLPOのPDCAサイクルを回す際に何度もコミュニケーションを取る必要がなくなるため、運用工数を大幅に削減することができます。

運用型LPOのデメリット

issue
  • 運用型LPOでは1回で複数のデザインパターンを作成し、成果を確認しながらLPOを運用することにより、有意差が出るまで長い期間が必要になります。 例えば1回のABテストを1パターンで検証するときに1ヶ月かかる場合、2回のABテストをするには2ヶ月かかります。 今回の場合、運用型LPOでは1回のABテストで2パターンを同時に検証するため、2ヶ月程度の検証期間が必要になります。その代わりに、2回に分けてABテストを実施しなくてよいため、ABテストの作成とABテストの運用を1回に減らすことができるので運用工数を削減することに繋がります。 また、明確な有意差が出る可能性もあるため、運用型LPOでは結果的に2ヶ月も検証期間がかからない場合もあります。

運用型LPOはクリエイティブ差し替え業務の1種

issue
  • 運用型広告を実施する際、クリエイティブの差し替えを行うのは一般的な手段です。クリエイティブの種類にはテキストやバナー画像などが挙げられます。広告の管理画面上からクリエイティブの差し替えが容易に行えるため、多くの広告代理店で実施されてきましたが、LPOはあまり実施されてきませんでした。 なぜならLPOはディレクターのみで完結せず、制作チーム(デザイナーやエンジニア)の協力が必要なため、運用する際の工数が相対的に大きいという課題があるからです。 運用の課題が解決されるなら、LPOも運用されるべき1種のクリエイティブ差し替え業務です。

運用型LPOを実施するならdejam

issue
  • dejamはノーコードでABテストを実施できるサイト改善ツールです。LPOを実施する際の課題である制作チームが不要で、Webディレクターのみで完結することができます。 また、dejamではWebサイトの改善案を自動提案する機能も備わっているので、誰でもサイト改善を行うことができます。 さらに運用する際に必要なデータ解析も充実しており、dejamではABテストの結果をヒートマップと自動で紐づけることもできます。 運用型LPOはdejamが啓蒙している手法のため、dejamでの運用が適しています。 一般的に広告代理店の広告主向けレポートでは集客レポートのみが一般的でしたが、dejamを使い運用型LPOを継続実施することによりLPの性能という新たなレポートを提出することができるようになります。 運用型LPOはまだ主流ではないため、他の広告代理店と差別化する有効な武器となります。

dejamのパートナー制度を活用する

issue
  • 広告代理店が受注率を上げるためのカリキュラムを提供

    dejamには広告代理店向けにオフィシャルパートナー制度をご用意しております。オフィシャルパートナー制度はdejamを用いて受注率の向上やCPA引き下げに有効活用していただくために、無料でコンサルティングをさせていただく制度です。 毎月数十社の広告代理店にご利用いただいており、カリキュラム通りに行っていただくだけで簡単に成果をあげることができます。

代理店限定

オフィシャルパートナー制度

サポート内容を確認する